レンタルの使い道

デスク周り

普通であれば機器を購入して尽き契約をしてから使う事が出来る携帯電話ですが、現在はレンタルプランも存在しているいのです。このプランを使えば国外で通話を多用する人はとてもお得になるのです。


売却する

タブレット操作する男性

使用しないのであれば売却しよう

昔は電話加入権は電話回線を引く時に必要でしたが、最近は電話加入権が無くても毎月の通話料に数百円プラスする事で電話線を引く事が出来ます。 また、インターネットで光回線が普及してきており、光回線を用いたひかり電話を使用する事で、電話加入権が不要でしかも安い基本料金で電話を引く事が出来ます。 ここで気を付けないとならない点としては、電話加入権は使用を休止してから10年後には自動解約になってしまうという点です。光回線を用いたひかり電話を使用すると電話加入権は必要なくなりますので、休止する事になります。休止してから5年後は自動的に延長されるのですが、10年後は特に連絡もないまま解約になってしまいます。使用しないのであれば、解約になる前に売却する事をお勧めします。

生活環境に応じて使い分けよう

電話加入権は新規で購入すると72000円掛かります。しかし、中古というものもあり、それだと半額の36000円以下で購入する事が出来ます。私も相当昔ですが、中古で購入しました。今となっては企業向けです。 それでも高いと思われる場合は、月額200円程度プラスになりますが、加入権なしで電話線を引く事も出来ます。引越しが多い人やADSLを利用しているユーザーにはオススメです。 光回線を引くとひかり電話が使えるようになるので、電話加入権も不要になり、さらに固定電話の基本料金も安くなるので、一番お得です。IP電話の市外局番が070のように、ひかり電話も市外局番が特殊な番号になるのではないかと思われる人もいるかも知れませんが、通常の市外局番が使用できるので安心です。 自分の生活環境に応じて使い分けると良いです。

購入と売却

電線

本来は電話加入権があることにより、自由に電話をかけることや受けることができるものでした。また、資産価値としても認められており、電話加入権を売却する人も出てきました。使わない場合休止することも可能です。

気になる料金

友達にスマホ画面をみせる女性

レンタル携帯は簡単な手続きで利用することが出来るので、とても便利なものとして注目を集めています。初期費用は数万円掛かることがありますが、その後の利用料金はとても安いものです。